検閲、不認可、制裁金――当局の締め付けで、起業家精神を失った中国のハイテク企業
近年躍進を続けてきた中国のIT業界だが、政府の弾圧により急速に勢いを失いつつある。EC大手アリババの利益は大幅に減少、急成長企業だった配車サービスのディディは赤字に転落。政府による介入は、大手IT企業の暴走から経済全体を守るためという体をとりながら、その真の狙いは共産党の権威向上に他ならない。恣意的かつ場当たり的な介入に耐えかねたIT企業は規模の縮小を余儀なくされ、優秀な人材が他業種に流出。業界全体が萎縮し、起業家精神が失われている。現場ではいま何が起きているのか? NYTが中国の起業家たちの声を聞いた。

ページ一覧