アメリカvs.中国「最も複雑なマシン」をめぐる争奪戦
試し読み
アメリカと中国の「テック冷戦」。そのカギを握ると言われているのがオランダASMLホールディングが販売する巨大マシン「半導体露光機」だ。「デジタル産業のコメ」である半導体生産になくてはならない重要な技術を囲い込もうと、アメリカはオランダに対して対中輸出規制を要請。今、半導体をめぐる地政学はどうなっているのか? NYTが追う。

ページ一覧