中国のプロパガンダに協力する97個の偽アカウント
試し読み
前副首相から性的関係を迫られたことをSNS上で告白した中国女子テニス界のスター、彭帥選手。直後に表舞台から姿を消し、安否が気遣われていたが、12月20日、一転してシンガポールのメディアに動画で登場し「誰かから性的暴行を受けたと書いたことはない」と否定した。しかし、その発言を信じる人は多くない。今回NYTとProPublicaが、この事件での中国によるプロパガンダを徹底調査。偽アカウントや国営メディアを駆使するととともに、中国を擁護する外国勢力まで利用する情報戦の手法が明らかになっている。

ページ一覧