経済学のレンズで歴史を学ぶと、ビジネスのヒントが見えてくる
宋銭を知れば仮想通貨がわかる? 働き方改革は徳川吉宗に学べ? 歴史を読み解きながら経済学の知識を身につける知的冒険の書。

国際金本位制はなぜうまくいかなくなったのか?

 価格メカニズムを通じて国際競争力格差が是正される、という国際金本位制のロジックには盲点がありました。黒字国の金準備が増大した場合、黒字国政府にインフレ抑制の動機が芽生えるという点です。具体的には、黒字国の政策当局が国債を売却すれば、国内に流通する通貨を吸収できます。つまり通貨量の増大を防ぐことができます。

 通貨量の変化を相殺する目的で為替相場に介入する政策措置を不胎化介入、もしくは不胎化政策と呼びます。そして黒字増大により金準備が増大したとしても、黒字国政府は不胎化介入を実施すれば競争力を落とさずに済むのです(図表15)。

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01