東宝・小林一三の「理想」vs.松竹兄弟の「現実」
演劇を近代化した稀代の興行師、大谷竹次郎・白井松次郎兄弟と小林一三の活躍を中心に描いた、新たな演劇史。

第二幕 大阪の鉄道経営者

 歌舞伎は約四百年前の出雲阿国のかぶき踊りが起源とされるが、日本の演劇(舞踊を含む)の起源がいつかは、誰にも分からない。『古事記』や『日本書紀』にあるアメノウズメにまで遡るとする説もあるくらいだ。

 しかし鉄道の歴史はいつから始まるかが明確だ。明治維新後に始まる。「鉄道」という日本語を作り出したのは小林一三の出た慶應義塾の創立者、福澤諭吉だという説もある。

 歌舞伎の歴史が徳川政権と同時期に始まったように、日本の鉄道の歴史は明治とほぼ同時に始まった。すでに幕末に蒸気機関車と鉄道についての知識が流入し、試験的に蒸気機関車が造られてもいたが、最初の鉄道が開業したのは明治五年(一八七二)、新橋―横浜間で…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01