「新しい日常」で、「ブラック」を終わらせるために
試し読み
ブラック労働被害対策弁護団である著者は「低賃金、長時間労働」で労働者の命が危険にさらされていることを目の当たりにし、日本が低迷している原因であることにも気づく。法律とその運用の欠陥を明らかにする。

目次

ページ一覧