日本から南洋への大移動。現在につながる人々の暮らし
ハワイ、ブラジル、オーストラリア、フィジー、そして南洋の島々……。明治から戦後のある時期まで、日本は国策として移民を推奨する「移民送り出し国」だった。中島敦を読んで以来、南洋パラオに惹かれ続けているシンガーソングライターが、パラオ引揚者の行方を追いかけ、もう少しで消えていこうとする戦前と戦後をつなぐ声を拾い集める。

5話 パラグアイで流転の家族の子孫たちに会う

 声楽家でありアルパ奏者でもある後輩、池山由香さんを通して、元駐日パラグアイ大使の田岡功さんにつないでもらったことにより、「中村貞生」さんの息子さんの妻であるシズエさん、「溝際新市」さんの息子の孝市さんにお会いできることになった。パラグアイはブラジルとアルゼンチンに挟まれており、取材時には日本よりもだいぶ新型コロナウイルス感染症が拡大していたため、お二家族とも不安があったのではと思うが、田岡さんがうまく話をつけてくださったようだった。「家に消毒スペースがあるから、そこに寄ってから行きましょう」と声をかけてくださった。高齢の話者は、来年、再来年と言っ…

01