「ここは外資企業のための「格子なき牢獄」である」
安くて甘いバナナも、ひと皮むけば、そこには多国籍企業の暗躍、農園労働者の貧苦、さらに明治以来の日本と東南アジアの歪んだ関係が鮮やかに浮かび上がる。
← 左にスクロール
シェア ツイート

1 バナナはどこから?

──知られざる日・米・比の構図

日露戦争の前年、台湾から

 今日、バナナは、四季を通じてどんな田舎でも手に入る果物になった。値段も安定している上に、果物の中ではもっとも安い部類に入る。タネがなく、皮も自分でむけるから、子どもたちのおやつには恰好の食品である。

 バナナがこのように大衆の日常的な食品となったのは、実は、日本市場向けの専用農園が、フィリピン南部のミンダナオ島に開発されたからだ。開発が始まったのは一九六〇年代末だから、まだ一三、四年しかたっていない。それ以前の日本は、台湾や、エクアドルその他の中南米諸国からバナナを輸入していた。

 殿様や皇室に献上する珍奇な食物としてはいざ知らず、商品としてのバナナが最初に日本にやってきたのは、一九〇三年(明治三六年)、日露戦争の前年である。台湾の北端に位置する基隆キールンの芭蕉商、都島金次郎が日本郵船の西京丸で篠竹製の魚かごに詰めて七かごを神戸に送った。「芭蕉」は、バナナの中国語名で、北蕉、香蕉ともいう。都島がどういう人物だったかつまびらかでないが、日清戦争の結果、一八九五年に新しく植民地となった台湾の物産を日本に送り出していた貿易商だったのだろう。バナナの輸出が始まったばかりのことだから、「芭蕉商」という肩書きは、おそらく後世の命名である。

 日清戦争(一八九四―九五)と日露戦争(一九〇四―〇五)にはさまれたこの時期は、日本社会の階級的な矛盾が激化し社会主義の運動が拡がった時期であったが、同時にまた、外国文化への関心が民衆の間に浸透した時代でもある。札幌麦酒がビア・ガーデンを東京・浅草の吾妻橋に開き、神戸に本邦初のゴルフ場が開設され、さらに最初の洋式公園である日比谷公園が完成したのは、いずれも一九〇三年である。そんな時代相がバナナへの関心もよんだのだろう。

 日本向けバナナの主要生産地は、台湾の高雄州だった。日本の植民地となってまだ間もないころ、山岸幸太郎という人が高雄州の屛東地区でバナナ栽培を始めた。かれが、日本人の嗜好に適した品種に改良し、内地で国産果実の出廻りの少ない四―六月をめざして送り込み、その後、台湾の生産者が積極的に優良品種の育成に努めたのだという。

 台湾バナナと日本の季節の関係は、実は重要である。今日、フィリピン・バナナについても同じ関係が見られるからだ。ミンダナオ産バナナは季節とは関係なく、一年を通じて収穫される。ところが日本では、夏のスイカ、秋のカキ、冬のミカンなど四季おりおりの果物があり、私たちの嗜好もそれに慣れているから、どうしても夏、秋、冬にはバナナの需要は落ちこんでしまうのである。

 バナナに四季の別がないことは、熱帯では天恵だった。カッサバ(タピオカはこれから作る。マニオクともいう)、タロイモ、ヤムイモ(トロロの仲間のイモ)など根菜類とともに、いつでも主食の代用とすることができたからである。それが、台湾の植民地化とともに、四季によって需要が上下する日本市場と結びついたことは、南と北の不幸な関係の始まりになった。

 なお、誤解のないよう書きそえると、すべての熱帯果物に出盛り期がないわけではない。一年中、時期にかかわりなくとれる果物の代表は、バナナ、ココナツ、パパイヤである(ココナツは、活性炭にしたり油脂をとるための輸出作物だから、厳密には果物の分類には入れられないが……)。逆にドリアン、マンゴーなどはシーズンのある果物である。

 ともあれ、バナナの生産と需要は伸びていって、大正の末期、一九二四年には、移入青果問屋が四〇〇にもなっている。この年、農商務省と台湾総督府が交渉して、内地には問屋を集めてうけ組合を、産地には台湾青果株式会社を組織し、せりによって入荷価格を落札させるようにした。今日でも、日本のバナナ仲買人の多くは台湾バナナを扱った経験をもっている。植民地時代の台湾は、それほど深く現在の日本にも影響を残している。

 こうして台湾バナナは、日本人の味覚に深くしみわたった。安いフィリピン物が日本市場の九割を占めるようになった今日でも、八百屋は「やっぱり美味しい台湾バナナ」などとわざわざ表示している。

「これだけまけても買わねぇか」

 夜店のバナナの叩き売りも、大正の末期に始まっている。柴又の寅さんふうが、「これだけまけてもまだ買わねぇか」と威勢よく縁台を叩きながら、バナナを売った。秋から冬にかけてミカンが出盛るころ、バナナはダンピングされたのだった。日持ちのしない商品だから、安売りは避けられない。叩き売り同然の安いバナナは、今日ではスーパーの目玉商品となっている。

 戦時下では、日本の商船が軍需物資の輸送に狂奔し、しかも日に日に撃沈されたから、バナナなどは輸入されるはずがなかった。だが不思議なことに、一時期の東京には乾燥バナナが出まわっていた。丸ごと一本のバナナが乾燥され、一〇センチほどにちぢんだそれは、色つきのセロファン紙に包んであった。そのころ中学生だった私は、動員先の工場で、決してまずくはないが時として虫の出てくる代物で空腹をしのいでいた。最近、バナナを薄く切って揚げたチップスはフィリピンから輸入されるようになったが、あの乾燥バナナはついぞ見かけない。

台湾産からフィリピン産へ

 戦後になって、一九五〇年から「台湾バナナの黄金時代」が始まる。台湾バナナは、のちに中南米から来た「キャベンディッシュ」などとちがって、地場バナナの「仙人」という品種である。バナナはいくら輸入してもすぐさまさばけてしまう時代が、その後二〇年つづくことになる。利潤の大きいバナナには輸入割当て制がとられ、その権利をからで転売し儲けるペーパー・カンパニーが増えた。「ガラポン屋」という商売さえ生れた。歳末大売り出しの福引きに使われる手廻しの機械で、ガラガラと廻してポンと飛び出す抽選に当れば、輸入の権利を得て、大儲けできるのだった。

 しかし台風の進路に当る台湾では生産量にムラが多く、また生産者が大企業農園ではなく個人の栽培農家だったから、品質も統一されなかった。だから日本の青果問屋は、台湾バナナの品質にクレームをつけることが多かった。それでもブームはつづいた。一九六三年には輸入が自由化され、それがいっそう輸入業者の思惑を刺戟した。輸入は毎年増大した。それは、まさに高度成長時代の経済繁栄を映し出している。台湾物ブームの始まった一九五〇年に六六〇〇トンだった輸入量は、七二年に一〇六万二九〇〇トン、実に一六〇倍の伸びである。ただ一九七〇―七三年には、台湾の台風被害があって、エクアドル物の輸入が台湾物を凌駕した。

 六〇年代はまた、輸出商品としてのバナナが、中南米で「グロスミッチェル」種から「キャベンディッシュ」種へと転換された時に当っている。前者は耕作に手がかからず、自然にまかせておいても収穫できる強みがある反面、一ヘクタール当りの生産量が一〇トンにしかならなかった。これにたいして新種のキャベンディッシュは、栽培に熟練を要し、しかも輸送中に損傷しやすいので遠距離輸出に向かないという難点はあったが、生産量は一ヘクタール当り三〇―四五トンに達した。

 キャベンディッシュの何よりも大きな利点は、病虫害に強かったことだ。シガトカ病、パナマ病などバナナ特有の病気が起ると、従来は、発生した畑を堤防で囲み四―一二ヵ月間、水漬けにした。キャベンディッシュの導入で、こうした残酷な対策は行なう必要がなくなった。もちろん、六〇年代末に開発の始まったミンダナオの農園では最初からキャベンディッシュが植えられたから、土地の労働者は、この荒々しい方法を知らない。

 日本市場における輸入バナナの交替は激しかった。エクアドル物が台湾物を凌駕した一九七〇年のわずか三年後には、今度はフィリピン物の輸入量がエクアドル物を追いこしたのである。中南米バナナ、台湾バナナで青果問屋は系列化されてはいたが、まだ完全なものではなかったし、大農園で栽培されるフィリピン・バナナは品質にムラがなかったので、業者も歓迎した。

 一九六八年に輸出を開始し、七〇年に日本市場の六・五パーセントを占めているに過ぎなかったフィリピン・バナナは、八一年には、なんと市場の九一パーセントを席巻するに至った。

 これが日本におけるバナナ輸入史の大略である。消費者としての日本人の眼だけでたどってくるなら、この沿革にはさしたる意味も、考察を要する問題も含まれていないように見える。市民のバナナ消費が増え、輸出国が台湾からフィリピンに移っただけに過ぎない。すくなくとも、日本、台湾、エクアドル、フィリピンというふうに国家単位で考えれば、そのように見える。だが、それで本当によいのだろうか──。

シェア ツイート
1 バナナはどこから?――知られざる日・米・比の構図 (2)

この作品では本文テキストのコピー機能を無効化しています

01