いまや「斜陽産業」暴力団の実態とは
怖くて誰も書けなかった、これが「暴力団の虚像と実像」! 新宿歌舞伎町の通称・ヤクザマンションに事務所を構え、西成の賭場に単独で潜り込み、ヒットマンの壮行会に列席…著者の日常はまるで“東映ヤクザ映画の世界”。警察が山口組の弱体化目的でナンバー2と3を逮捕した2010年の「頂上作戦」以降、組はますます潜行し正体が見えづらくなった。しかし「殺すぞ」などの脅迫にも怯まず15年、暴力団専門ライターとしてヤクザと寝食を共にしてきた経験がここに結実!

《終 章》 暴力団と暴力団専門ライターの未来

「暴力」への興味

 暴力団専門ライターとして、関東や関西でパイプを作りあげ、編集者だった時代には分からなかった暴力団の実態が、はっきりみえてきた。暴力団社会のトリビア的知識の蓄積は、いつしか私の目的ではなくなった。食うためにはじめた仕事ではある。それを15年近くも継続できたのは、ひとえに暴力団に惹かれているからだ。

 俗に言う裏社会とか、闇の世界というものは、つまり社会の実相である。暴力団を調べることは、日本という国の真実を知ることを意味する。最近でも選挙に落選した某政治家が、選挙資金を持ち逃げされたと暴力団に泣きつき、その回収を依頼していた。暴力団はそ…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01