ギャグvs.劇画 2大マンガ誌の激闘
1959年3月17日に同時創刊された、週刊少年漫画の草分けの両誌。部数や漫画家の確保などをめぐって闘いを繰り広げた時代を、元編集者の証言などから浮き彫りにする。

「少年」は必要か?

「現代のバイブル──それは、少年マガジンである」。コント・ラッキーセブンが、テレビの演芸番組でこんなギャグを言ってウケていた。

 もはや冗談としか思えない絶好調の販売状況の裏で、何度となく講談社内で議論されたのが、「少年」冠問題である。それを検討しているマガジンの内部資料から議論の一端をかいま見てみよう(昭和46年度スローガン「新しい『少年』視覚誌への展開と雄飛」より)。

 昨今、本誌読者層の年ママ構成の現状分析から、いわゆる〝誌名問題〟がクローズ・アップされてきております。それは「少年」マガジンを「ヤング」マガジンと改題することによって、企画の立案や誌面の制作など、もっとふっきれたシャープなものに…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01