積水ハウスはなぜ巨額の地面師詐欺に引っかかったのか
いま日本中で「地面師」という詐欺師集団が跋扈している。彼らは不動産の持ち主になりすまし、勝手に不動産を転売して大儲けしている

端緒は融資詐欺

 実は、積水ハウス事件の計画立案者と目される内田や北田たちは、はじめから積水ハウスを騙そうとしていたわけではないようだ。五五億円以上を騙し取った取引総額七〇億円の大掛かりな売買になるとも、考えていなかったフシがある。

 駐車場の契約を使い、海老澤佐妃子の個人情報を得た内田らが次に計画したのは、金融業者からの融資詐欺だった。犯行グループと接点がある先の不動産業者は、そのあたりの事情にもやたら詳しい。

「内田たちはまず、いつものようにニセ海老澤佐妃子を手配しました。なりすまし役の手配師は、『池袋の女芸能プロダクション社長』と呼ばれる秋葉こうです。ただ、なりすましの出来としてはあまりよくなかったのかもし…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01