積水ハウスはなぜ巨額の地面師詐欺に引っかかったのか
いま日本中で「地面師」という詐欺師集団が跋扈している。彼らは不動産の持ち主になりすまし、勝手に不動産を転売して大儲けしている

「焼身自殺しようかと思った」

 捜査員にとっては、仕事納めギリギリのタイミングだったといえる。二〇一七年十二月二日土曜日の午後七時過ぎのことだ。警視庁町田警察署刑事課の私服刑事が手分けし、東京都内の関係先を張り込んでいた。最大の捜査対象の一人が北田文明、そしてもう一人が内田マイクだった。

 赤坂の駐車場をめぐって鈴木兄弟になりすまし、ホテルチェーン「アパグループ」から一二億六〇〇〇万円を騙しとった地面師たちを逮捕したのが十一月八日から二十九日にかけてのことだ。警視庁捜査二課はそこから間髪を入れず、新たな捜査に乗り出した。それが、かつてNTTの寮として使われていた世田谷の土地・建物をめぐる詐欺事件だった。捜査当局の狙った北田と…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01