「農村たたみ」vs.「田園回帰」 日本の選択
地方消滅論が見逃しているものは何か
シェア ツイート

第Ⅴ章 
田園回帰前線──農山村移住の課題

1 田園回帰の今

「田園回帰」とは

 本書の冒頭「はじめに」でも論じたように、都市住民の農山村への関心が高まっている。これを、大時代的な表現ではあるが、国民の「田園回帰」と呼んでおこう。

 この田園回帰とは、必ずしも、農山村移住という行動だけを指す狭い概念ではない。むしろ、農山村(漁村を含む)に対して、国民が多様な関心を深めていくプロセスを指している。しかし、この「関心」は、農山村の生活、生業、環境、景観、文化、コミュニティ、そしてそこに住む人々そのものに対する何がしかの共感を含むものであり、最終的にはそこへの滞在や移住への思いにつながることが予想される。

 つまり、農山村への移住に対する願望の大きさは、そのまま国民の田園回帰傾向を…

この作品では本文テキストのコピー機能を無効化しています

01