それなのに、なぜ逃げるのか
試し読み
近年相次ぐ、保釈中や拘留中の逃走、そして刑務所からの脱走。罪を犯した者や、その嫌疑がかかる者が逃げれば、その都度ニュースとなり、世の中を大きく騒がせる。彼らはなぜ逃げたのか。そして、なぜ逃げることができたのか。公判記録や逃亡犯との交流、現場の足取りから、その謎に迫りたい。日本においては、犯罪を犯しても、また、何か疑いをかけられても、〝逃げるが勝ち〟であり、それが許されているのではないか……。
シェア ツイート