結局「宇宙の始まり」とは? 現代宇宙論の到達点
今、宇宙の何がわかっていて、何がわかっていないのか。宇宙の「外側」とは? 気鋭の研究者が「究極の謎」に迫る。
シェア ツイート

57 量子論の多世界解釈と平行世界

 エヴェレットの解釈がその他の解釈と全く違うところは、量子論の枠組みに測定値の確定という外的な要因を導入しないことです。その他の解釈では測定値が確定するとき、量子論の枠組みの中だけでは説明のつかない飛躍を宇宙に起こす必要があります。つまり、人間が測定値を得るとき、劇的に物理世界の状態が変化して測定値が確定すると考えています。

 ところがエヴェレットの解釈では、宇宙は量子論の枠組みの中だけで説明され、測定値がひとつに決まるのは観測する人間の側の問題だと考えます。

 つまり、量子論に出てくるすべての可能性はこの物理世界に実現していると考えます。しかし、その中のひとつの可能性だけしか人間には認識できてい…

この作品では本文テキストのコピー機能を無効化しています

01