どうして過疎の町は世界の憧れになったのか?
過疎の町が世界の憧れの的に!「どこに行っても同じ風景」にならないためにイタリアの小さな町が取り組んできたこと。

*イタリアの中山間地

 この町を訪れるのは、二度目だった。

 エミリア・ロマーニャ駅から長距離バスでアペニン山脈の方へ50分も登っていくと、古い映画で恐縮だが、『未知との遭遇』を思い出させる円柱形の大岩が、こつぜんと目の前に現れる。カステルノーヴォ・ネ・モンティは、その裾野に広がる人口1600人ほどの町だ。

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01