日本は「教育立国」という幻想
「すべての女性が輝く社会」は、日本政府が掲げる重要課題の一つ。その実現には、女子教育の充実が欠かせない。だが、各種データを用いて他の先進国と比べると、日本のそれは最低水準にあるという。いったい何が問題なのか? 教育の男女格差を解消するには何が必要なのか? エビデンスと理論を用いて処方箋を示す。

2. 日本の女性は、高等教育で何を学んだか?

 大卒と高卒の間に大きな賃金格差があるとはいえ、同じ大卒の中でも賃金の大きなバラツキがあります。こうしたバラツキは、単なる偶然を含めた様々な要因が働いて生じるのですが、影響力が大きいと考えられ、かつ指標にしやすいものとしては、大学の専攻と大学のレベルの2つが挙げられます。そこでまず、女子学生が高等教育で何を専攻しているのか、国際比較をしたいと思います。

何を学んだかによる賃金格差

 ジョージタウン大学が実施した調査 (https://cew.georgetown.edu/cew-reports/valueofcollegemajors/#full-report)によると、アメリカでは、高卒と大卒の賃金格差よりも、同じ大卒で…

01