相対的貧困にある子ども約280万人 あきらめない大人たちの実践集
「あの子はラッキー」で終わらせない。第一人者が取材した「解決」の最前線

15 四億円を寄付した会長の「危機感」

 巨額寄付

 二〇一六年七月一四日の朝刊各紙の首相面会人一覧に、見慣れぬ名前が載った。「こうつね」。第一住宅という会社の代表取締役会長。この人が首相官邸を訪れたのは、政府が主導する「子供の未来応援基金」に対する巨額寄付が理由だった。その額、四億円。

「あるところにはあるもんだなあ」と思った人もいるかもしれない。しかし、河野さんの寄付行為は強い危機感に裏づけられた、より切迫したものだった。その危機感とは何か。埼玉県かわごえ市にある第一住宅本社にて、お話をうかがった。

 寄付は一分で決めた

 ──四億円もの寄付を即決されたと聞きましたが、本当ですか?

河…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01