相対的貧困にある子ども約280万人 あきらめない大人たちの実践集
「あの子はラッキー」で終わらせない。第一人者が取材した「解決」の最前線

13 「学習県」を標榜する知事の思い

 自然豊かなしんしゆう・長野は「教育県」としても知られる。しかし、子どもの貧困対策にも力を入れるしゆいち知事は「教育県から学習県へ」のパラダイムシフトを念頭におく。そのビジョンと、その中での子どもの貧困対策の位置づけを聞いた。

 子どもたちの声

 ──一五年度、長野県として「子どもの貧困対策推進計画」を策定されました。

阿部 計画をつくるために「長野県子どもの声アンケート」を集めました。ひとり親家庭や児童養護施設などで暮らす小学校四年生から一八歳までの児童約四五〇〇人から回答が寄せられました。自由記述欄には子どもたちの切実な声が満ちており、「これを…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01