相対的貧困にある子ども約280万人 あきらめない大人たちの実践集
「あの子はラッキー」で終わらせない。第一人者が取材した「解決」の最前線

まえがき

 お金がない。つながりがない。自信がない。これを貧困と言う。

 子どもの貧困率は、二〇一五年の段階で一三・九%(二〇一七年六月、厚労省発表)。全国に約二八〇万人。これは、東京都と千葉県の同年齢の子どもをすべて足したより多い。七人に一人の割合だ。

 このことは、当の子どもたちはもちろん、私たち大人の未来にも影を落とす。

 三〇年後、私は七八歳になっている。そのときに社会を回しているのは、今の子どもたちだ。その子たちが元気にがんばってくれなければ、私の老後はおぼつかない。「かわいそうな子ども」だけの問題ではなく、「私たち」の問題でもあると思う。

 とはいえ、このように課題を認識することは、本書のメ…

無料公開中のページへ

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01