東スポ名物記者による馬場、鶴田、デストロイヤー
「馬場夫妻のキューピッドは巨人の名選手」「元妻と同じ名前の女性と再婚したデストロイヤー」「鶴田のお手製ラーメンが好物だったハンセン」……など、とっておきの15人の秘話を初公開! 初めて明かされる超人たちの素顔とは。他にも「岐阜の病院に極秘入院した鶴田」「乱闘で警察沙汰となったブッチャー」「猪木の米国進出を阻止した馬場」などなど、プロレス秘話が盛りだくさんの1冊!
← 左にスクロール
シェア ツイート

馬場の鞄持ちからトップに

 プロレスは社会の合せ鏡。サッカー・ファンとプロレス・ファンはリンクする。20025月開幕の第17回サッカー・ワールドカップ日韓大会を境に、プロレス・ファンが徐々にサッカーに吸い上げられた。〝不滅の王者〟と称えられた小橋建太は、プロレス人気を支えた最後の砦、いや、「ゴジラ」であった。

 新日本の闘魂三銃士が台頭した時期と四天王の時代が重なる、まぶしかった昭和の残照を留める、世紀末のプロレスである。三沢光晴、川田利明、田上明、小橋。90年代から2000年にかけての獅子奮迅の働きは、馬場と猪木の双頭のプロレスの終焉を意味した。

 小橋の座右の銘は「一生懸命」だ。ジャイアント馬場の鞄持ちからトップに登…

この作品では本文テキストのコピー機能を無効化しています

01