詐欺師の周りには詐欺師と同じ価値観(カネに色はついていない、カネはカネだ)を持つ者たちが無数に存在する
詐欺師たちはいかなる手口を使い、どんな人間を嵌めるのか? なぜ被害者が後を絶たないのか――? 溝口氏の面目躍如、現代日本の闇を暴く力作です。

第三章 システム詐欺とは何か

 裏社会=暴力団と半グレ

 この章では鳥瞰図的に裏社会のシノギ(つまり収益源)について一通りのことを踏まえておこう。本藤彰ののし上がり過程を理解するためにも欠かせない予備知識になるからだ。

 裏社会のシノギで代表的な存在は、覚せい剤の密売と特殊詐欺だろう。二つとも扱いが巨額で、かつ社会に流す害毒が大きい。一言でいえば影響が社会の広い範囲に深く及ぶ犯罪である。

 ここで裏社会とは、とりあえず暴力団と半グレ集団を指すことにする。警察がいう「反社」(反社会的勢力)のイメージに近い集団、組織である。

 ただし「反社会的勢力」の具体的な中身は、

「暴力団、暴力団関係企業、総会屋、社会運…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01