詐欺師の周りには詐欺師と同じ価値観(カネに色はついていない、カネはカネだ)を持つ者たちが無数に存在する
詐欺師たちはいかなる手口を使い、どんな人間を嵌めるのか? なぜ被害者が後を絶たないのか――? 溝口氏の面目躍如、現代日本の闇を暴く力作です。

 「箱屋」が介在

 イベサーは興行師の面も持つ。後に触れるが、イベサーにヤクザ、暴力団がからんでくるのは必然だった。

 イベントのチケットはイベサーに所属する学生が売り捌く。彼らは多く捌けばサークル内で地位が上がり、その分異性にももてる。幹部もメンバーに「チケットを捌け」とムチを入れていた。

 しかしチケットの販売もさることながら、会場の確保も重要だった。イベントを開くためには大型のディスコやクラブを「箱貸し」してもらわなければならない。学生が憧れるような流行りの箱を押さえなければ集客は見込めない。

 八四年、先にちょっと触れたが、港区麻布十番に「マハラジャ」がグループの旗艦店としてオープンしている。…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01