哲学者・鶴見俊輔は戦前のアメリカで何を見たのか――
一九三〇年代後半米国に留学し,三〇年後そのインドシナ介入に対し積極的な反戦活動を進めている著者は,北米の民主主義的伝統を再考しつつ,それを黒人や原住民の側からとらえ直すことを試みる.文芸批評家,詩人,SNCCの活動家,黒豹党の行動と思想を追求する中で著者の北米体験は深刻な反省を強いられ,新たな米国像が浮彫される.

クリーヴァーの出発

 黒人の学生運動は、はじめはキングの影響をうけ、ある程度はキングの信望への遠慮から非暴力という目標をかかげていたが、ヴェトナム戦争の続く中で弾圧がはげしくなるにつれて、そういうきびしい条件でもおたがいがむすびついてたたかえるような新しい生活感情を求めるようになった。その政治的理念は、ブラック・パワーとしてあらわれたが、政治上の理念では、自分たちの全生活が危険にさらされつづける時の支えにはならない。政治的理念、道徳的理念のもうひとつ底にある行動とむすびついた情念がよびさまされることが必要である。クリーヴァーの『氷の上の魂』というエッセイ集は、この間の消息をよくつたえる。

 エルドリッジ・クリーヴァ…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01