松原 隆彦
1966年長野県生まれ。名古屋大学素粒子宇宙起源研究機構・准教授。京都大学理学部卒業。広島大学大学院理学研究科博士課程修了。博士(理学)。かつて広島県竹原市にあった広島大学理論物理学研究所に、最後の大学院生として所属。東京大学大学院理学系研究科・助手、ジョンズホプキンス大学物理天文学科・研究員、名古屋大学大学院理学研究科・助教授などを経て、現職。著書に『現代宇宙論――時空と物質の共進化』(東京大学出版会)、『宇宙論II――宇宙の進化』(共著、日本評論社)、『宇宙のダークエネルギー――「未知なる力」の謎を解く』(共著、光文社新書)がある。(出典:『宇宙に外側はあるか』光文社新書)

SlowNewsで読める作品

すべて見る