児玉 博
1959年生まれ。ジャーナリスト。大学卒業後、フリーランスとして取材、執筆活動を行う。政界、官界、経済界に幅広い人脈を持ち、月刊「文藝春秋」や「日経ビジネス」などで発表するインサイドレポートにも定評がある。2016年、月刊「文藝春秋」に発表した「堤清二『最後の肉声』」で第47回大宅壮一ノンフィクション賞(雑誌部門)を受賞。主な著書に、『〝教祖〟降臨─楽天・三木谷浩史の真実』『幻想曲─孫正義とソフトバンクの過去・今・未来』(ともに日経BP社)、『堤清二 罪と業─最後の「告白」』(文藝春秋)がある。(出典:『日本株式会社の顧問弁護士』文春新書)

SlowNewsで読める作品