東郷 和彦
京都産業大学教授。世界問題研究所所長。1945年生まれ。東京大学教養学部卒業後、外務省に入省。主にロシア関係部署を中心に勤務し、条約局長、欧亜局長、駐オランダ大使を経て2002年に退官。その後、ライデン大学、プリンストン大学、ソウル国立大学ほかで教鞭をとり、09年ライデン大学で博士号。10年より現職。11年より静岡県対外関係補佐官。著書に『歴史認識を問い直す』(角川新書)、『日本の領土問題』(角川新書、保阪正康氏との共著)など多数。(出典:『日本の領土問題』角川新書)

SlowNewsで読める作品