諸富 徹
1968年生まれ。京都大学大学院経済学研究科博士課程修了。現在、京都大学大学院経済学研究科教授。専門は財政学・環境経済学。著書─『環境税の理論と実際』(有斐閣)、『思考のフロンティア環境』『ヒューマニティーズ経済学』『シリーズ現代経済の展望資本主義の新しい形』(以上、岩波書店)、『低炭素経済への道』(共著、岩波新書)、『地域再生の新戦略』(中公叢書)、『私たちはなぜ税金を納めるのか』(新潮選書)、『「エネルギー自治」で地域再生!』(岩波ブックレット)、『人口減少時代の都市』(中公新書)など。 (出典:『グローバル・タックス 国境を超える課税権力』岩波書店)

SlowNewsで読める作品