毛利 嘉孝
1963年長崎県生まれ。東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科教授。専門は社会学、文化研究/メディア研究。京都大学卒。ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジPh.D.(社会学)。九州大学助教授などを経て現職。著書に『ストリートの思想:転換期としての1990年代』(NHK出版)、『文化=政治』(月曜社)、『ポピュラー音楽と資本主義』(せりか書房)など。『Banksy’s Bristol:HOME SWEET HOME』(作品社)、『BANKSY YOU ARE AN ACCEPTABLE LEVEL OF THREAT』『BANKSY IN NEW YORK』(パルコ)などバンクシーに関する著作の翻訳(共訳)を手がける一方で、現代文化や社会運動を中心に批評活動を行っている。(出典:『バンクシー〜アート・テロリスト〜』光文社新書)

SlowNewsで読める作品