松田 賢弥
1954年、岩手県北上市生まれ。業界紙記者を経てジャーナリストとなり、『週刊現代』『週刊文春』『文藝春秋』などを中心に執筆活動を行う。政界に関するスクープ記事が多く、小沢一郎衆院議員については20年以上取材を続け、「陸山会事件」追及の先鞭を付けた。妻・和子氏から小沢氏への「離縁状」をスクープしたことで、第19回「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」大賞を受賞。主な著書に『絶頂の一族 プリンス・安倍晋三と六人の「ファミリー」』『小沢一郎 淋しき家族の肖像』(ともに講談社+α文庫)などがある。(出典:『したたか 総理大臣・菅義偉の野望と人生』講談社)

SlowNewsで読める作品