村松 謙一
弁護士。1954年静岡県生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。1981年司法研修所入所(35期)。1983年東京弁護士会登録、清水直法律事務所入所。1990年村松謙一法律事務所開設。2000年光麗法律事務所に改名。2003年東京弁護士会倒産法部部長。法務省「倒産犯罪研究会」講師、参議院「財政金融委員会」参考人、全国倒産処理弁護士ネットワーク講師等を務め、2007年と2009年にNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」出演が大きな反響を呼ぶ。講演等多数。 関わった主な「再建型」の法的事件に、鈴屋、カネテツデリカフーズ、長崎屋、佐藤工業、多田建設、月光荘、石岡カントリー倶楽部、落合楼、東京佐川急便などがある。その他、病院等「私的再建型」案件を多数手がける。   著書に、『倒産阻止-再建弁護士の会社救済ファイル-』(東洋経済新報社)、『貸し渋り対策マニュアル』(インデックス・コミュニケーションズ)、『入門 新会社更生法』(共著、ぎょうせい)、『倒産の淵から蘇った会社達-会社救済の現場から-』(新日本出版社)、『プロフェッショナル 仕事の流儀13』(共著、NHK出版)など多数。また、『日本経済新聞』紙上にて「ビジネスマンの法律講座」(1997~2000年)、「弁護士余録」(2002~05年)を連載執筆。1999年より『日刊帝国ニュース』(帝国データバンク発行)紙上にて、「弁護士ウォッチング/体験的会社救済の手順」(~2004年)、「熱血弁護士が駆ける!/弁護士 村松謙一の体験的企業再建」(2005年~)を連載中。(出典:『魂の会社再建』東洋経済新報社)

SlowNewsで読める作品