森 功
1961年、福岡県生まれ。ノンフィクション作家。岡山大学文学部卒業後、伊勢新聞社、「週刊新潮」編集部などを経て、2003年に独立。2008年、2009年に2年連続で「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞作品賞」を受賞。2018年には『悪だくみ 「加計学園」の悲願を叶えた総理の欺瞞』(文藝春秋)で大宅壮一メモリアル日本ノンフィクション大賞受賞。『地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団』『ならずもの 井上雅博伝──ヤフーを作った男』(ともに講談社)『官邸官僚 安倍一強を支えた側近政治の罪』(文藝春秋)など、著書多数。(出典:『高倉健』講談社文庫)

SlowNewsで読める作品