石川 文洋
石川文洋(いしかわ・ぶんよう) 1938年沖縄県那覇市首里に生まれる。1959~62年毎日映画社。1964年香港のスタジオ勤務。1965年1月~68年12月ベトナムに滞在。アメリカ軍、サイゴン政府軍に同行取材。帰国後、朝日新聞出版局のカメラマンとなる。1984年からフリーのカメラマン。著書に『戦場カメラマン』(朝日文庫)、『てくてくカメラ紀行』、灰谷健次郎と共著『アジアを歩く』(以上、�文庫)、『戦争はなぜ起こるのか―石川文洋のアフガニスタン』(冬青社)、『私が見た戦争』『命どぅ宝・戦争と人生を語る』(以上、新日本出版社)、『日本縦断 徒歩の旅―65歳の挑戦』『カラー版 ベトナム 戦争と平和』 『カラー版 四国八十八カ所―わたしの遍路旅』(以上、岩波新書)ほか。

SlowNewsで読める作品