西田 亮介
東京工業大学大学マネジメントセンター准教授。博士(政策・メディア)。1983年京都生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。同大学院政策・メディア研究科修士課程修了。同後期博士課程単位取得退学。(独)中小機構経営支援情報センターリサーチャー、立命館大学特別招聘准教授などを経て現職。専門は情報社会論と公共政策。主著に『ネット選挙 解禁がもたらす日本社会の変容』(東洋経済新報社)、共著に『開かれる国家 境界なき時代の法と政治』(東浩紀監修、KADOKAWA)など。各媒体でのメディアと政治にかかわる論考が注目を集めている。(出典:『メディアと自民党』角川新書)

SlowNewsで読める作品