倉山 満
1973年香川県生まれ。中央大学大学院文学研究科日本史学専攻博士後期課程単位取得満期退学。在学中より国士舘大学日本政教研究所非常勤研究員。現在、国士舘大学講師。社会人を対象にした「帝国憲法講義」が注目を集めている。専門は憲政史。著書に『誰が殺した? 日本国憲法!』(講談社)、編著に『総図解よくわかる日本の近現代史』、共著に『総図解よくわかる第二次世界大戦』(以上、新人物往来社)がある。(出典:『検証 財務省の近現代史』光文社新書)

SlowNewsで読める作品