岸田 浩和
ドキュメンタリー監督、映像記者。立命館大学、ヤンゴン外国語大学、光学メーカーを経て、ドキュメンタリー制作を開始。2012年に「缶闘記」で監督デビュー。2016年の「Sakurada,ZenChef」は、ニューヨーク・フード映画祭で最優秀短編賞と観客賞を受賞した。 2015年に株式会社ドキュメンタリー4を設立。Yahoo! CREATOR'S/ニュース特集、VICEJapanなど、Webメディアを中心に、映像取材と記事を発表する。近作は「The Land of Hope」(DOCs for SDGs)。企業や法人のブランディング、SDGsに関する映像制作も多数手がける。TOKYO FM 「トウキョウ・スローニュース」不定期出演中。東京都市大学、関西学院大学、大阪国際メディア図書館にて、非常勤講師。

SlowNewsで読める作品