佐藤 優
作家・元外務省主任分析官。1960年、東京都生まれ。85年同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。在ロシア連邦日本国大使館勤務等を経て、本省国際情報局分析第一課主任分析官として、対ロシア外交の最前線で活躍。2002年、背任と偽計業務妨害罪容疑で東京地検特捜部に逮捕され、以後東京拘置所に512日間勾留される。09年、最高裁で上告棄却、有罪が確定し、外務省を失職。05年に発表した『国家の罠』(新潮文庫)で第59回毎日出版文化賞特別賞を受賞。翌06年には『自壊する帝国』(新潮文庫)で第5回新潮ドキュメント賞、07年第38回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。『獄中記』(岩波現代文庫)、『宗教改革の物語』(角川ソフィア文庫)、『帝国の時代をどう生きるか』『国家の攻防/興亡』『「資本論」の核心』『日露外交』『勉強法』『思考法』『イスラエルとユダヤ人』(角川新書)、『復権するマルクス』(的場昭弘氏との共著、角川新書)、『宗教の現在地』(池上彰氏との共著、角川新書)など著書多数。 (出典:『宗教改革者』角川新書) Photo:山田勉/アフロ

SlowNewsで読める作品

すべて見る