田村 元秀
1959年奈良県生まれ。天文学者。京都大学理学部物理学科卒業、大学院理学研究科修了。現在、東京大学大学院教授、国立天文台太陽系外惑星探査プロジェクト室室長。「すばる」望遠鏡で太陽系外惑星と円盤を探査する国際プロジェクトSEEDS研究代表者を務める。「太陽系外惑星とその形成現場のすばる望遠鏡による研究」の業績により、第54回東レ科学技術賞を受賞。共著に『宇宙に知的生命体は存在するのか』『宇宙最前線』『宇宙は〝地球〟であふれている』などがある。(出典:『第二の地球を探せ!』光文社新書)

SlowNewsで読める作品