村山 治
1950年、徳島県生まれ。1973年、早稲田大学政経学部卒業後、毎日新聞社入社。91年、朝日新聞社入社。2017年から、フリージャーナリスト。金丸脱税事件(93年)、ゼネコン事件(93、94 年)、大蔵汚職事件(98年)などバブル崩壊以降の政界事件、大型経済事件の報道にかかわった。著書に、『市場検察』(文藝春秋)、『小沢一郎 vs.特捜検察 20 年戦争』(朝日新聞出版)、『検察――破綻した捜査モデル』(新潮新書)など。(出典:『バブル経済事件の深層』岩波新書)

SlowNewsで読める作品