門田 隆将
1958年高知県生まれ。中央大学法学部卒業後、出版社勤務を経てノンフィクション作家に。政治、歴史、司法、事件、スポーツなど幅広いジャンルで執筆。2010年『この命、義に捧ぐ』(角川文庫)で第19回山本七平賞を受賞。主な著書に『新版 裁判官が日本を滅ぼす』(WAC BUNKO)、『なぜ君は絶望と闘えたのか』(新潮文庫)、『甲子園への遺言』『甲子園の奇跡』(ともに講談社文庫)、『康子十九歳 戦渦の日記』(文春文庫)、『太平洋戦争 最後の証言』第一部~第三部、『蒼海に消ゆ』(以上、角川文庫)、『尾根のかなたに』(小学館文庫)、『死の淵を見た男』(PHP研究所)などがある。近著に『慟哭の海峡』(角川書店)。(出典:『神宮の奇跡』講談社)

SlowNewsで読める作品