大矢 英代
1987年、千葉県出身。明治学院大学文学部卒業、早稲田大学大学院政治学研究科ジャーナリズム修士課程修了。現在、カリフォルニア大学バークレー校客員研究員ならびに早稲田大学ジャーナリズム研究所招聘研究員。ドキュメンタリー映画 『沖縄スパイ戦史』(2018年・三上智恵との共同監督)で文化庁映画賞優秀賞、第92回キネマ旬報ベスト・テン文化映画部門1位など多数受賞。ドキュメンタリー番組『テロリストは僕だった~沖縄・基地建設反対に立ち上がった元米兵たち~』(琉球朝日放送・2016年)で2017年プログレス賞最優秀賞など。著書に、学生時代から取材を続けてきた波照間島の「戦争マラリア」についてのルポルタージュ『沖縄「戦争マラリア」ー強制疎開死3600人の真相に迫る』(あけび書房、2020年2月17日)。

SlowNewsで読める作品