山野 良一
1960年北九州市生まれ。北海道大学経済学部卒業後、神奈川県に入庁(福祉専門職)。現在、神奈川県内の児童相談所勤務(児童福祉司)。2005年から’07年にかけて、米国ワシントン大学ソーシャルワーク学部修士課程に在籍し、児童保護局などでインターンとして働く。ソーシャルワーク修士(MSW)。著書として、『児童虐待のポリティクス――「こころ」の問題から「社会」の問題へ』(共著、明石書店)、『子どもの貧困白書』(編集委員、明石書店)。「なくそう!子どもの貧困」全国ネットワーク共同代表として、子どもの貧困根絶をめざし日々活動している。 (出典:『子どもの最貧国・日本〜学力・心身・社会におよぶ諸影響〜』光文社新書)

SlowNewsで読める作品