竹中 功
株式会社モダン・ボーイズCOO、謝罪マスター。1959年大阪市生まれ。同志社大学法学部法律学科卒、同志社大学大学院総合政策科学研究科修士課程修了。吉本興業株式会社入社後、宣伝広報室を設立、月刊誌『マンスリーよしもと』初代編集長を務める。「よしもとNSC」開校や多くの劇場の開場に携わる。映画『ナビィの恋』『無問題』『無問題2』などを製作。「コンプライアンス・リスク管理委員」「年史編纂委員」「創業100周年プロジェクト」などを担当。よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役、よしもとアドミニストレーション代表取締役などを経て、2015年7月退社。現在は作家活動に加え、ビジネス人材の育成や広報、危機管理などに関するコンサルタント活動や刑務所での釈放前指導導入教育を行っている。著書に『よい謝罪 仕事の危機を乗り切るための謝る技術』『謝罪力 仕事でも家庭でも「問題解決」に役立つ本』(日経BP社)、『お金をかけずにモノを売る広報視点』(経済界)など。 (出典:『吉本興業史』角川新書)

SlowNewsで読める作品