丸島 儀一
1934年東京生まれ。’60年3月早稲田大学卒業後、キヤノンカメラ(現キヤノン)に入社。’72年特許部長、’83年取締役就任を経て、’99年に専務退任。現在は同社顧問。入社以来、特許一筋の「特許人生」を歩み、複写機やプリンターの成功を、特許部門から支える。ゼロックス、IBMといった米大企業との交渉では、卓越した手腕を発揮した。(出典:『キヤノン特許部隊』より)

SlowNewsで読める作品