白川 方明
青山学院大学国際政治経済学部特別招聘教授。 1949年生まれ。1972年東京大学経済学部卒業、同年日本銀行入行。1975~77年日本銀行からシカゴ大学大学院経済学部に留学。経済学修士(シカゴ大学)。 信用機構局信用機構課長、企画局企画課長、大分支店長、審議役などを経て、2002~06年日本銀行理事。理事を退任後、京都大学公共政策大学院教授。2008年3月日本銀行副総裁、同年4月~13年3月第30代日本銀行総裁。2011~13年国際決済銀行(BIS)理事会副議長。2013年9月青山学院大学国際政治経済学部特任教授を経て、18年9月より現職。 著書に『現代の金融政策──理論と実際』(日本経済新聞出版社、2008年)、『バブルと金融政策──日本の経験と教訓』(共編著、日本経済新聞社、2001年)がある。 (出典:『中央銀行 セントラルバンカーの経験した39年』東洋経済新報社)

SlowNewsで読める作品