山田 恭平
1988年、栃木県生まれ。長野県環境保全研究所飯綱庁舎環境保全特別研究員。東北大学大学院理学研究科地球物理学博士課程後期修了。博士(理学)。国立極地研究所特任研究員、第59次南極地域観測隊(越冬隊・気水圏一般研究観測)を経て現職。第59次隊では中継拠点旅行やドームふじ旅行にて南極大陸上での自動気象観測装置の設置やラジオゾンデ観測、キャロム・ビリヤードに従事し気象隊員から菓子を巻き上げる。越冬中は内陸旅行時期以外のキャロム大会にはすべて参加。公式戦タイトルなし。(出典:『南極で心臓の音は聞こえるか〜生還の保証なし、南極観測隊〜』光文社新書)

SlowNewsで読める作品