丸山 俊一
1962年長野県松本市生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、NHK 入局。ディレクターとして様々な教養番組、ドキュメンタリーを手掛ける。「英語でしゃべらナイト」「爆笑問題のニッポンの教養」「ソクラテスの人事」「仕事ハッケン伝」「ニッポン戦後サブカルチャー史」「ニッポンのジレンマ」などの企画を開発、プロデュース。現在も「欲望の資本主義」「人間ってナンだ? 超AI 入門」「地球タクシー」「ネコメンタリー 猫も、杓子も。」他、時代の潮流を捉えた異色の教養番組を企画、制作し続ける。著書に『結論は出さなくていい』(光文社新書)、『14 歳からの資本主義』『すべての仕事は肯定から始まる』(以上、大和書房)、制作班などとの共著に『欲望の資本主義1 ~3 』(東洋経済新報社)、『マルクス・ガブリエル 欲望の時代を哲学する』『AI以後――変貌するテクノロジーの危機と希望』(以上、NHK出版新書)、『欲望の民主主義』(幻冬舎新書)など。東京藝術大学客員教授、早稲田大学非常勤講師も兼務。

SlowNewsで読める作品