山田 昌弘
1981年、東京大学文学部卒業。1986年、東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。現在、中央大学文学部教授。専門は家族社会学。親子・夫婦・恋人などの人間関係を社会学的に読み解く試みを行っている。学卒後も両親宅に同居し独身生活を続ける若者を「パラサイト・シングル」と呼び、「格差社会」という言葉を世に浸透させたことでも知られる。また、「婚活」という言葉を世に出し、婚活ブームの火付け役ともなった。主な著書に『パラサイト・シングルの時代』(ちくま新書)、『希望格差社会』(ちくま文庫)、『少子社会日本』(岩波新書)、『新平等社会』(日経BP・BizTech 図書賞受賞、文春文庫)、『ここがおかしい日本の社会保障』(文春文庫)、『「婚活」時代』『「婚活」症候群』(ともに共著、ディスカヴァー携書)、『なぜ若者は保守化するのか』(東洋経済新報社)、『絶食系男子となでしこ姫』(共著、東洋経済新報社)がある。(出典:『なぜ日本は若者に冷酷なのか―そして下降移動社会が到来する』東洋経済新報社)

SlowNewsで読める作品